クィーンズタウンにある4つのスキー場の中で一番近くて便利!かな? 
自家用車だと30分で行ってしまうのがウケてるのかもしれません。バスだと45分くらいでしょうか。
4人乗り高速リフトが、ど真ん中にそびえ立ち、そこからはゲレンデの何処にでも行けてしまうのです。

それでは、ゲレンデ案内です。
2005年から、向かって左端のリフトが、高速6人乗りリフトに変わり、2010年、左から3本目のリフトも4人乗りに変わりました。


 
 


ご覧の通り、青コースが広がり中級者天国です。左から2番目の、頂上まで伸びる赤い線がCORONET EXPRESSと言う4人乗り高速リフトで、左端がGREENGATE EXPRESSという6人乗り高速リフトです。これらリフトが我々の強い味方になってくれます。
レストハウスはこの「4人乗り高速リフト」の乗場下にあります。レストランもあるし、軽食なども充実しています。レンタルやリフト券売場もこちらでどうぞ…。  





 
青い線がたくさん見えますが、ここが人気コースです。リフトを降りたら右へ進みましょう。あとは青コース、どれを滑っても同じようなものです。
コース幅は、若干細めですが空いている時は最高ですよ。
一般的にNZのスキー場は比較的空いています。日本のように1時間待ちなんていうのは考えられません。

ちなみにM1(エムワン)と言うコース(地図で見えますか?) が、このスキー場のメインコースです。
このリフトの一番上から描き始めて、一番下で終わるアルファベットの「S」のように青コースがありますね。
最初は緩やかな斜度10‐15度前後コースですが、その後20度くらいに増し、リフトをくぐる頃にはほとんど平らになります。
その後、斜度が上がり、最後の方は右隣にある短い2人乗りリフト沿いを降りてきます。この辺りは初級者コース並に斜度がなくなります。

朝一は、ピステンが入っていて気持ち良いですよ。


 
4人乗り高速リフト下からの景色です↓




リフトに乗る寸前の景色です↓





 
2005年に新設されたグリーンゲートエクスプレスという6人乗りリフトに乗りましょう。降りたら直ぐ左にある青コースがお勧め。
右に下りると、やっぱりM1コースに出てきてしまうので、このリフトに乗ったらやっぱり左に行きましょう。
ここも同じく「S」の字で降りてくれば、リフト乗場に出られます。

斜度は最初のカーブ当たり(地図中の一番右上)で大体20度前後です。
その後、リフトをくぐる頃には殆ど平らになり、後半は再び広くて斜度20度くらいのコースとなります。  




 
これは2人乗りT-BARリフトです。右でも左でもどちらでも、斜度20度前後の美味しいコースが広がっています。
オマケニ空いていますので、ちょっとした穴場かも。
でもTバーが嫌いな人はやめておきましょう。
ここではよくポールを張って、レーサーが練習しています。
 



 
左端のリフトを降りる手前の左手にあります。
エアーを練習したい方は、ゲレンデの至る所に丘が存在しますので、そちらでも良いでしょう。
ただし、着地地点に人がいることがありますのでお勧めはしません。
また、このスキー場はエアー禁止の看板がしっかりと表示してあります。そこで飛んだらリフト券は取り上げられてしまいますので注意ください。 
 




カードローナ・スキー場へ
トレブルコーン・スキー場へ
リマーカブルス・スキー場へ
マウントハット・スキー場へ
スキーNZに戻る


inserted by FC2 system